ラーメン、うどんなど麺類の梱包にも最適なエアー緩衝材

梱包時の隙間埋めにプチプチやミラーマットではもったいない

先日、贈答用に購入したひやむぎに、隙間埋めにミラーマットが使われていました。   DSC_3749 (ダンボールを開梱したら薄いミラーマットがたくさん)     DSC_3750 (ミラーマットで隙間埋め) たくさんミラーマットを詰めてもらっていたので、緩衝材としての役割は十分です。 でも、少しもったいないように感じました。   みなさん、ミラーマットやプチプチは、「商品を包んで保護する」ことに使うことが多いのではないでしょうか。      

ラーメン、うどんなど麺類の梱包に最適なエアー緩衝材

最近は麺類の通販も増えています。 麺だけでなくスープや具材など、とても本格的になっています。   商品を作っているお店側では、複数の商品を一緒に発送するという場面も、度々あるかと思います。   そのように「複数の商品を一緒に箱詰め」する場合、どうしても隙間はできてしまいます。 そのまま発送してしまうと、輸送中の揺れや衝撃で商品が傷んでしまう恐れがあります。   かと言って、商品を包むのに使うミラーマットやプチプチで隙間埋めをするのは、もったいない。 新聞や紙だと商品イメージが落ちてしまう。   そんな時、枕状、ピロー状になっているエアー緩衝材(エアーピロー)なら、わずかな使用量でキレイに隙間埋めができます。   今回、隙間埋めに使われていたミラーマットに代わり、試しに三邦のエアー緩衝材製造機MINIAIR EASiで作ったエアー緩衝材を使ってみました。 DSC_3753 (両サイドの隙間を埋め)   使用量もわずかで、見た目にも良い梱包になりました。 DSC_3751 (ふんわりと商品の上に乗せました)   さらに、ハサミやカッターで空気を抜けば容量も激減するので、ゴミの量も大幅に減らすことが可能です。   パスタ、ラーメン、うどん、そうめん、ひやむぎ、そばなど、麺類の商品梱包時の隙間埋めにも、エアー緩衝材は大活躍です。   まだエアー緩衝材を本格的に利用したことがないなら、ぜひ、三邦のエアー緩衝材製造機MINI AIR EASiで作ったサンプルを手に取ってみてください。 ↓↓↓ エアー緩衝材の無料サンプル   きっと商品の見た目アップと、お仕事のお役に立てると思います。     値段も機能もちょうどいい エアークッション製造機MINI AIR EASi専門店 齊藤卓史

Scroll Up