焼き菓子の店舗間配送にも、エアー緩衝材がオススメ

焼き菓子の店舗間配送に、梱包緩衝材は何をお使いですか?

工場から各店舗に毎日、あるいは定期的に商品を配送補充しているお菓子メーカーさんは多いのではないでしょうか。   工場で製造した焼き菓子を、各店舗に配送する際の梱包緩衝材として、 どのようなものをお使いですか?   14087770_1126397917440565_530124164_o (1) (ダンボールの切れ端を利用した例) DSC_3233 (紙を丸めて緩衝材に利用した例)  

その緩衝材、店舗で処分の手間、コストかかってませんか?

コスト重視ということで、紙の緩衝材、新聞紙、段ボールなどを使っている場合、受け取った店舗では1次保管とはいえ、スペースを取っているのではないでしょうか。   illust3300thumb   特に、都市部の激戦区店舗は、小さな店舗スペースでたくさんの商品を取り扱わないといけないため、梱包材、緩衝材はなるべくかさばらず、処理しやすく、コストがかからないものがベストです。      

エアー緩衝材なら処分がラクで、かさばらない。

薄いフィルムに空気を入れて、枕状、ピロー状にしているエアー緩衝材なら、軽いのはもちろん、店舗での処理が非常にラクです。   14074404_1126397914107232_848304594_o DSC_3237 (エアー緩衝材だとこうなります)   ハサミやカッターで空気を抜けば、容積がとても少なくなります。 DSC_3238 (簡単に空気を抜いて容積が減らせます)   これにより、事業ごみを大幅に減らすことができるので、年間の処理コストも抑えられます。   DSC_2821 (左:空気入り、右:空気なし) また、紙や段ボールのように紙粉がでないので、衛生面を重視する食品関係では、このエアー緩衝材が最適です。      

工場側にもメリットが多いエアー緩衝材

受け取る店舗側だけでなく、製造する工場側にも3つの大きなメリットがあります。  
  • 必要な時に作ればいい。
  • 保管場所を取らない。
  • 緩衝材のコストが把握しやすい。
     

無料のエアー緩衝材サンプルで検討ができます。

三邦のエアー緩衝材製造機MINI AIR EASiを導入しようとお考えの方に、無料で緩衝材サンプルをお送りしております。 ↓↓↓ 無料サンプルお申込み   実際に手に取って、使用感やお役立ちできるかご検討いただければ幸いです!   DSC_2237 1 (手で簡単に切り離せます)   DSC_2361 (三邦コーポレーション・担当の齊藤卓史です)   値段も機能もちょうどいい エアークッション製造機MINI AIR EASi専門店 齊藤卓史

Scroll Up