シール、ラベル製品の梱包に最適な緩衝材とは?

シールやラベルの梱包に最適な緩衝材とは?

食品、化粧品、家電製品、工業製品、身の回りの様々な商品に、シールやラベルが使われていると思います。   dsc_4532 (紙巻に巻いてロール状に仕上げたラベル製品)   シール、ラベル製品は、1枚1枚は軽いものですが、数千枚、数万枚というロットになると、かなり重量も重くなってきます。   印刷物は輸送の振動で擦れたりすると、印刷が薄くなったり傷が入るという危険性もあります。   したがって、軽くソフトに固定できる緩衝材が、理想的です      

シールやラベルの梱包にもエアー緩衝材が最適!

「軽い」「ソフトに固定できる」という条件を満たしている緩衝材の一つとして、エアー緩衝材、エアーピローがあげられます。   薄いフィルムに空気を入れ、膨らませるので、梱包の総重量を抑えることができます。   dsc_4533 (ソフトに隙間を埋めるエアー緩衝材)   また、梱包する商品との接触もソフトです。      

必要な時に作れると更に便利!!

エアー緩衝材、エアーピローは軽い一方、保管時の容積を取ってしまうという弱点があります。   完成物を購入して保管するとなると、出荷数の多い企業様だと相当なスペースを取ってしまう可能性があります。   しかも、緩衝材の在庫管理が難しいため、コスト管理も大変です。   三邦のエアー緩衝材製造機は、省スペースな1巻280Mで、必要な時に必要な分量だけ緩衝材が作れるので保管スペースも取りません。何よりも資材コストの管理がしやすいです。   dsc_4531 (必要な分だけ作れるので便利)    

無料サンプルでエアー緩衝材の検討ができます

三邦のエアー緩衝材製造機MINI AIR EASiを導入しようとお考えの方に、無料で緩衝材サンプルをお送りしております。 ↓↓↓ 無料サンプルお申込み   購入前に実際に手に取って確認できるので、安心して導入いただいております。     値段も機能もちょうどいい エアークッション製造機MINI AIR EASi専門店 齊藤卓史

Scroll Up