お客様に喜ばれる緩衝材の条件その2 | エアー緩衝材製造機MINI AIR EASi

受け取った梱包材、緩衝材の処理

毎日、あるいは定期的に荷物の受け入れをされているお店、事業所では、段ボール箱や発泡スチロール、紙の緩衝材といった包装資材の処理はひと手間かかるものです。   illust3300thumb   それら包装資材は、再利用する分は取り置きができます。 しかし、倉庫や保管場所のスペースに限りがあるので、どうしても事業ゴミとして処理する必要が出てきます。   これら包装資材の処理に頭を悩ませておられる方も、いらっしゃるのではないでしょうか。      

ゴミの量が減らせる緩衝材が嬉しい!

緩衝材は、紙や発泡素材なので軽量です。 しかし、カサが張ってしまう場合が多いようです。   DSC_1602 DSC_1603 (紙緩衝材もカサ張ります。)   ゴミ袋に入れるときに、圧縮したり、カッターナイフで細かく切ったりすることで、多少はカサを減らすことは可能ですが、容量が半分以下にするなどはなかなか至難です。   何よりも作業の手間が掛かります。   一方、エアー緩衝材は、薄いフィルムに空気を入れて枕のようにしているため、 容積の大部分は「空気」です。   そのため、処理をする際は、空気を抜いてしまえばカサは激減します。 DSC_2821 (左:空気が入った状態、右:空気が抜けた状態)   DSC_2823 (約40㎜。200×100サイズ)   DSC_2824 (約0.04㎜。厚みが1,000分の1になります。)      

MINI AIR EASiなら事業ゴミが減らせる

先日、三邦のエアー緩衝材製造機MINI AIR EASiを購入いただいた東京都のユーザー様からのお話では、受け取ったお客様が事業ごみを劇的に減らせる点で、大変好評だということでした。     「ゴミの減量化」も、お客様に喜ばれる緩衝材の条件と言えます。      

MINI AIR EASiの緩衝材サンプルで検討してみませんか?

有限会社三邦コーポレーションでは、エアー緩衝材製造機、MINI AIR EASiで作った実際の緩衝材の無料サンプル依頼をお受けしております。   省スペースで無駄なく緩衝材を作って、お客様に喜ばれる梱包で自社商品をお届けしてみませんか? ↓ MINI AIR EASi の緩衝材無料サンプルのお申込み     値段も機能もちょうどいい エアークッション製造機MINI AIR EASi専門店 齊藤卓史

Scroll Up