1日当たり4,000個使用、小型な割に高耐久性

青森アップルジュウス(株)

Q1.購入前はどんな悩みがありましたか?
会社で新製品を製造することになり、その製品の輸送する際の緩衝材を購入するか緩衝材を作る機器を購入するか検討していました。ネットでいろいろ検索していたところ、手頃な価格で緩衝材を作ることができる「SuperAirMINI」を見つけて導入することになりました。
Q2.以前どんな緩衝材を使っていましたか?
「SuperAirMINI」導入前は、緩衝材を必要とする機会が無かったので緩衝材は使用していません。
Q3.使ってみての感想はいかがですか?
緩衝材を1日当たり4000個前後使用するため、緩衝材自体を購入するには値段と購入した緩衝材の置き場所の問題があります。また、緩衝材を作業員で作るのでは個数的にも時間的にも不可能な状態。 「SuperAirMINI」の場合は、緩衝材の素になるフィルムがロール状になってて置き場所を取らない、機器にフィルムをセットしボタンを押すだけでどんどん緩衝材を作ってくれるので、ある程度できるまで別な作業もできる。 実際は、緩衝材4個セットずつ切り取って、それを10個使って1製造品の輸送用緩衝材を使用するので、「SuperAirMINI」で緩衝材を作った後もある程度手間はあるのですが、それでも1日4000個分の緩衝材を作るのに2~3人で3時間位で作ることができ助かってます。
Q4.購入した理由は教えていただけますか?
(1)「SuperAirMINI」の手頃な価格。
(2)緩衝材の原料(フィルム)の保管場所を取らない。
(3)初期不良的な症状が出た際も迅速に対応していただけた。
(4)小型な割に高耐久性(3の対応以降、約1年で30万個分の緩衝材を作ったけど故障無し)。

Scroll Up